世界にとって意味のあるお店を作る

2013年 西荻で脇町珈琲として店に立つにあたり、お店に来てくれた人全てを愛するというスタンスでスタートした。

スタートして確信した。これはやはり間違いないと。そして、これは僕が一生かけてやってゆくべきことであり、世の中に広めてゆく大切なことなんだと。

男性女性関係なく、若い人もお年寄りも関係なく全ての人を愛する。

2019年に自分のお店を持って、今、少しずつ形になってきているのを感じる。

脇町珈琲は全世界にとって意味のあるお店になるだろう。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください